「かっこいい」英語表現を使いこなす!ネイティブがよく使うのはこれだ!

この記事を読むと
カッコいい英語表現が分かります

スポンサーリンク


 

● いつもありがとうございます、まこちょです。

 

英語学習というのは不思議に、インプットばかりの学習をしていると、次第にアウトプットしたくなります。まぁ当然ですよね。

 

最初はなかなかネイティブに対して「第一声」が出ないものなのですが、そんなことやってるのもせいぜい3日、留学など英語を使わないとどうにもならない環境に置かれると、最初は身振り手振りを交えて一生懸命ですが、だんだんそれなりに話せるようになってくるものなんです。

 

そうするとね、人間「欲」が出てきます。だんだんネイティブっぽくしゃべりてー!って思うようになってくるから不思議なもの。誤解なく言わせていただくと「かっこつけ」たくなるんです、私もそうでした。

 

そうすると英会話学校では教えてくれない、なんかネイティブしか使ってないようなイカシタ(古いかな)スラング表現なんかに興味を持つようになってくるんですよね。なんか格好いい表現あるんじゃないかなぁって。

 

あります。

 

日本人は全く知らないがこのカッコいいスラングを使うとあら不思議、気分はもうネイティブ感覚ですよ。そんな魔法のような「カッコいい」英語フレーズ、実はあるんです。

 

そこで今回は英語をなるべく「ネイティブ」チックに近づけられる、それでいて日本人にはあまり知られていない「カッコいい」表現、教えます。これ、知っているといないとでは大きな差です。ぜひマスターして周りを思わずびっくりさせてしまいましょう!

スポンサーリンク

Chill out.

 

まずはこの「応援フレーズ」からご紹介。意味は「落ち着いて・気楽にね」という表現で、calm down「冷静に」よりカジュアルです。

 

相手がガッチガチに緊張しているときに使ってみると非常にカッコよくサラっと決まりますよ。

 

What are you so nervous about? Just chill out. 
「何をそんなに心配しているの? ほら、リラックスして」

 

ちなみに同様の表現にTake it easy「気楽にね」もあります。相手が深刻そうな顔をしていたらこちらの言葉をかけてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク

After you

 

いや、これもカッコいいですね。こんなフレーズサラリと決めてみたいものです。意味は「お先にどうぞ」で列に並ぶ際やドアを開けた時など、
自分の後ろにいる人に先に行ってもらう時に使う丁寧でかっこいい表現です。

 

逆に、もしこの言葉を言われたら躊躇しないでThank you.と返しましょう。後ろがつかえているかもしれませんからね。

 

これと同じような意味合いを持つのが次の表現。やはりカッコいいです。

Go ahead.

 

この言葉も先ほどのAfter you.と同じ意味を持ちます。またそのほかに「やってみなよ」と躊躇している相手を次の行動に促すときにも使えるんです。よくドラマ、映画などで使われる、とびっきりクールな表現です。かっちょいいですね。

 

Why don’t you just go ahead? 
「とにかくやってみたら?」

Guess what?

 

これは、じつは学校の教科書にも載っていたりするポピュラーな言葉。「なんだと思う?」という表現でドラマ・映画などでよく聞かれるフレーズです。「何だか当ててみて?」が直訳なのですが、じつはこれ「いい話があるんだ!」とほぼ同意。

Emi:  Guess what?
「ねぇ、聞いて聞いて!」

Ken:  What?
「何?どうしたの?」

Get it

 

あぁ、これもクールでカッコいいですね。「理解しました」意味なのですが、I understand itよりも断然こっちでしょう。友達などに軽く返事ををするときに使うことができて「ok」くらいの感覚でつかうのがベスト。ちなみにI got it.でも同じ意味です。

 

Hang in there

 

これも覚えていると最高にクールです。逆境にいる人や苦境に立っている人に「がんばれ」と応援する時に使うフレーズ。最後の「there」を省略した「hang in」でも同じ意味として使えます。

 

この表現は基本「命令文」で使うのですが、それは相手を鼓舞するために使うからなのです。

 

So far, so good.

 

「かなり遠いところがかなりいい感じ?」ではありません(笑)so far「今までのところ」という意味の重要表現です。これは「今のところいい感じ」という、いかにも英会話を楽しんでいるかのような軽快なフレーズですね。

 

Ken: How’s your new job going?
新しいお仕事はどう?

Mika: So far,  so good!
今のところ順調よ!

It depends

 

この表現は一見何を言っているのか分からなくなるのですがdependが「~次第」「~に頼る」という意味なので、これで「それ次第」つまり「ケースバイケース」という意味になるんです。

 

相手に「どうする?」なんて聞かれたときにすぐこの言葉を返してやるとかなりカッコいいですよ!

 

Make my day

 

 

この表現はかなりネイティブっぽいです。これで「楽しい一日だった」という喜びを表現するときに使うんですね。S made my day.「Sのおかげで楽しかった」的に使うと良いでしょう。

 

You made my dayも相手に感謝の気持ちを伝える時に使います。Thank youよりもかっこよくてクールです。

 

No way

 

これ、よく聞きますよね。でもこれが何の意味かはなかなかすぐには分からないのではないでしょうか。

 

なんとこれで「絶対いや」「ありえない」という意味になるんです首を横に振ったり、嫌な顔、驚いた顔を同時に使うことでよりネイティブっぽくなります。

あとがき

 

さて今回はいかがだったでしょうか。このカッコいい表現は他にもまだまだあります。定期的に更新いたしますので、ぜひまた覗いてみてくださいね!

 

また会いましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です